きょうのこども園

1月9日(火)5歳児ほし組 日本語であそぼう「ねらい:正しい姿勢で声に出して日本語を楽しむ。」

新年が始まり、今日は園長先生との「日本語であそぼう」の時間です。9:20から元気な声が響いています。

背中をまっすぐにして、足の裏を床にしっかりと付けます。「日本語であそぼう」の教科書のページを開き、ひらがなを目で追います。

立って園長先生といっしょに「春のななくさ」を声に出しました。せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞななくさ」

12月27日(水)5歳児そら組 もち花作り「ねらい:お正月を迎えることを喜びみんなで飾りつけを楽しむ。もち花作りの由来を知る。」

本折町お米屋さんの桝本さんに来て頂いて、もち花作りを教えてもらいました。指先で餅をつまんで柳の枝をくるむようにつけていきます。コツをつかむと上手に出来るようになりました。

今年は、赤・白・黄・緑の4色のもち花をつけました。とてもカラフルな仕上がりになりましたよ。いろいろな色があって可愛いね。

つけるのが楽しくて思わずニッコリ。「なんだか食べたくなっちゃうね。」と、話しながらもち花をつけていました。大和こども園の玄関ホールはお正月一色です。

12月27日(水)5歳児ほし組 クロッカスを育てよう「ねらい:クロッカスの成長に興味・関心を持つ」

お部屋にクロッカスの球根がやってきました。子どもたちに球根を見せると、「たまねぎみたい。」「おにのつのはえとるよ。」「ティラノザウルスの足みたい。」「スティッチのつめや。」など、いろんな感想が返ってきました。

5つの水栽培の容器をいただいたので、「どんな環境で育てると、1番成長が早いのか!?」比べてみることにしました。暗い場所、明るい場所、窓際の寒い場所、暖房のあたる温かい場所、段ボール箱の中など、子どもたちから、いろんな意見がでました。

どんな色の花が咲くのか予想を立ててみようと、植木鉢とメッセージをかいた用紙を掲示しました。すると…次々に子どもたちが絵を描きにきました。「大きいお花1つやと思う。」「小さいお花でいろんな色が出てきそう。」など、口々にして、1人1人予想を立てながら思い思いのお花を絵にしていました。どんなお花が咲くのかなぁ~?

クロッカスの容器が来てから1週間…小さな発見がありました!クロッカスを見ていた子どもたちが、「ひげみたいなものがはえとるよー!」と言うので見てみると、根っこが出てきていました。根っこは本当にひげみたいでした!(笑)ちなみに、1番初めに根が出てきた容器は、玩具棚の上の暖房があたる温かい場所に置いてありました。子どもたちと一緒に引き続きクロッカスの成長を観察し、いろんな発見に気付けたらいいと思います。

12月21日(木)4歳児ひばり組 スライムを作ろう‼「ねらい:スライムを伸ばしたり、丸めたり、こねたりして感触を楽しむ。自分で作る楽しさを味わう。」

色水、洗濯のり、ホウ砂を使ってスライムを作りました。まずは色水と洗濯のりを計って容器に入れまう。「これくらい?」と、言いながら自分でペットボトルのカップで計りました。

次にホウ砂水を入れてまぜまぜ。「先生!固まってきたー。」「きゃー」「すごーい。」「ぷにゅぷにゅしてきたー。」と、どの子も初めての感覚に大興奮!

完成したスライムを伸ばしたり、丸めたりしてたくさん触って遊びました。「おもちみたい」「ポニョみたい。」「わたあめみたい。」「プリンみたい。」「プニプニやー」とスライムの感触をたっぷりと味わいました。

12月19日(火)3歳児年少組 昆虫館の石川さんの虫のはなし「ねらい:虫の生態に興味や関心をもつ」

ふれあい昆虫館の石川さんから虫の話をたくさん聞きました。カブトムシの話に興味津々の子どもたち。とっても真剣に聞いています。

大きなカブトムシの幼虫を間近で見ることが出来ました。触ってもいいよと言われ、触れることも出来ました。オスとメスの見分け方も教えてもらえました。

質問コーナーでは、子どもたちから石川さんへ気になっていることを聞きました。「ハチはどうして刺すのですか?」「カブトムシには、どうしてツノがあるのですか?」と、上手に質問が出来ました。カブトムシのツノは口だそうです。

12月19日(火)1歳児ぺんぎん組 バス園外(航空プラザ)「ねらい:保育教諭や友だちと一緒に体を十分に動かして遊ぶことを楽しむ」

飛行機に乗ってお出かけレッツゴー!「アンパンマンのところへ行く?」と聞くと「パパとママと…」と言って、家族でお出かけしている気分だったようです。

トランポリンのところで飛び跳ねたり、走り回ったり…バランスを崩して転んでも泣きません。友だちと顔を見合わせて大笑いしているほどです。

トランポリンで動き回ったあとは、少し休憩…温泉に見立て、保育教諭が「あー温泉気持ちいいな。」と言うと、子どもたちも「ふー、気持ちいい」と言って、疲れた体を癒していました。 

12月15日(金)2歳児きりん組 きりん組はカゼの子げんきな子!「ねらい:寒い日も戸外で体をたくさん動かす」

向本折町の等覚寺まで散歩しました。大和こども園からきりん組の子どもたちの足で片道15分の場所です。等覚寺横の原っぱをたっぷりと走り回りました。

ルールのある遊びも出来るようになってきて保育教諭がオニに変身して鬼ごっこも楽しみます。保育教諭が追いかけると、「ギャー‼」と大騒ぎで逃げ回ります。

外で体を動かしている時は、寒さも忘れ、思いきり走りまわっています。まだまだ、寒い日は続きますが、天気の良い日は戸外でたっぷり体を動かしていきたいです!     

12月15日(金)2歳児ぱんだ組 ケーキ屋さんごっこ「ねらい:友だちとケーキを分け合ったり、一緒に遊ぶ楽しさを味わう」

モンブラン、チーズケーキ、チョコレートケーキから好きなケーキを取って箱やお皿にのせます。「どれにしようかな~。」と、真剣にケーキを選んでいる子どもたちです。

実習生が作ってくれた本物そっくりの毛糸のケーキは大人気です。ケーキバイキングでたくさんケーキをゲット♡どれから食べようかなと迷う姿も可愛らしいです。

手を繋いでケーキとアイスを運びます。「どうぞ、持ってきましたよ!」と、店員さんになりきっていました。  

12月15日(金)2歳児ぞう組 「ねらい:実習生とたくさん関わって遊ぶ」

実習生が用意してくれた制作に夢中で取り組んでいます。クリスマスツリーにシールで飾りつけをしたり、雪だるまに顔を描いたり、ふわふわな綿を雪のようにのりづけして楽しみました。

子どもたちと実習生は日を増すごとに、やり取りも増えて仲良くなっていきました。

「ジュース入れて下さい。」「はい、どうぞ。」と、おかわりをもらったり、実習生の膝の上で優しく絵本を読んでもらったりしました。     

12月14日(木)0歳児ひよこ組 もうすぐクリスマス「ねらい:クリスマスソングに合わせて楽器を鳴らしたり、踊ったりして楽しむ」

クリスマスソングに合わせて楽器を鳴らしたり踊りを楽しんだりしました。好奇心旺盛な子ども達は楽器に興味津々。すぐに好きな楽器を手に取り、リズムに合わせてノリノリで鳴らします。

セッションタンバリンは、子ども達の小さな手でも持ちやすく大人気でした。

踊りは歩ける子はもちろん、まだ、一人歩きの出来ない子も、座った姿勢で体を揺らしたり、保育教諭と手を繋いだりして、踊りを楽しんでいます。クリスマスの楽しい雰囲気を味わっています。     

12月12日(火)0歳児りす組 もう冬だね「ねらい:あられを見たり冷たい風に触れて冬を感じる」

朝から寒く、あられがうっすらと園庭に積もっていた日、外の様子をじっと見ている子がいました。

「あられ降ってきたね。」と保育教諭が外に出ると窓のそばは、あっという間に満員状態に!窓を開けると冷たい風がひゅ~。

のぞき込んで外を見る子、保育教諭の手の平のあられをイヤイヤと首を振って嫌がる子、冷たい風に窓から離れる子と反応は様々でした。もっと雪が積もったら、雪を触ったり外に出てみたりしようと思います。     

12月11日(月)1歳児こあら組 集中して遊んでいます。「ねらい:指先を使った遊びを楽しむ」

<ストロー落とし>

5㎝に切ったストローを穴の開いたコップの中に落として遊んでいます。コップの中がパンパンになるまで入れて楽しんでいます。

<スプーンで玉移し>

スプーンを正しく持つ練習をしています。上手く持てなくて手を使ってしまうこともありますが、くり返し遊ぶことで段々と上手になってきました。

<ピン挿し>

小さな穴がたくさんあいた板にキラキラピンを挿していきます。直線に並べたり、まばらに挿したりして自分なりに工夫して遊ぶ姿が見られます。    

12月12日(火)1歳児うさぎ組 雪に興味津々です‼「ねらい:冬の訪れを喜び、様々な自然現象に興味や関心を持つ」

あれ、なんだろう?触ってみたいなぁ。

手の上にのらないかなぁ。

白いものが降ってきたよ。「ゆき」「きれいね」とお話しできる子もいます。       

12月4日(月)4歳児はと組 楽器って楽しいな!「ねらい:様々な楽器に触れ音を楽しむ」

ウッドブロック、タンバリン、トライアングルを使って楽器遊びをしました。馴染みの歌や保育教諭のギターと一緒に音を鳴らし、みんなノリノリです。

マイクを持って、歌ってくれる、ボーカル役の子も登場して、コンサートのようでした。今後も楽器に触れたり、うたを歌うことを楽しく行っていけたらいいなと思います。