きょうのこども

7月24日(火)2歳児きりん組 みんなで色水あそび!「ねらい:ペットボトルに色水を入れることを楽しみ、色の違いを発見する。」

今日は屋上で色水遊びをしました。子どもたちはこれが二歳児さんになって初めての色水遊び!ペットボトルやジョウロを使って楽しんでいますね。


ペットボトルやジョウロに水を入れて色水をすくいます。ペットボトルが大きくてうまく水が入らなくても何度も繰り返して一杯になるまで頑張っています!


この子はジョウロを使ってペットボトルに色水を汲んでいます。三本のペットボトルを満タンにするまで黙々と遊んでいます。すごい集中力ですね。


7月23日(月)2歳児ぞう組 ちゃっぷる‼「ねらい:プールでの約束を知り、プール遊びを十分に楽しむ。」

ちゃっぷるに行ってきました。始めて行く子も多く、「気持ちい~い!」ととても喜んでプールに入っていましたよ。深いところに行ってみようと挑戦して肩まで浸かった子、浅いところで水浴びを楽しんだ子など様々でした。


保育教諭の背中の上に乗ってワニさんごっこ♪友だちと一緒に遊ぶと楽しいな。キノコの噴水の中にくぐって入れる子もいました。顔に水がかかってもへっちゃら!すごいな~!



クジラの噴水は面白いな!手で押さえて、手を離してを繰り返し、勢いよく水が上がることが楽しくて歓声を上げています。これがとても人気でした。たくさん遊んで、ちゃっぷるを満喫していましたよ。どの子からも「楽しかった。」が聞かれました。


7月19日(木)2歳児ぱんだ組 水遊び大好き「ねらい:水に触れて遊ぶことを楽しむ。」

初めて屋上の大きいプールに入って遊びました。プールを見ると「うわ~」と嬉しそうな子どもたち。


喜んでプールに入ると、ワニさん泳ぎをしたり、フラフープくぐりをしたり、水をかけあったりと楽しんでいました。


水遊びでは水鉄砲、ぞうさんジョウロ、カップなどいろいろな玩具があり、ベビーバスの水をすくってカップに入れたり、保育教諭に水をかけたりと楽しんで遊んでいました。


7月19日(木)1歳児こあら組 冷たくって気持ちいいね「ねらい:保育教諭と一緒に水に触れながら楽しく遊ぶ。」

毎日暑い日が続く中で、こあら組の子どもたちは戸外で元気に水遊びを楽しんでいます。保育教諭が水をかけると「きゃ~」と言って嬉しそうな姿が見られます。


牛乳パックやカップなど様々な廃材を使って上手に遊ぶこともできます。牛乳パックに水を入れて肩から流す姿が、お風呂で背中を流すお父さんのように見えました。


保育教諭がクマのフィギュアを並べると、熱そうだと感じたのかじょうろに水を汲みかけてあげる姿もありました。それを見たお友達も一緒にお水をかけてあげていましたよ。


7月18日(水)3歳児すみれ組 安宅の海経由で、航空プラザへ行ってきたよ。「ねらい:海の音やにおいを感じる。思い切り体を動かして遊ぶことを楽しむ。」

予定では安宅海浜公園へ行く予定でしたが、気温が高く熱中症の危険もあるので、行き先を航空プラザに変更しました。でも航空プラザに行く前に海によって、海の音や風、においを感じ、みんなで写真を撮ってきました。


航空プラザの「はねるぅ~ん」にある、トランポリンが子ども達の大人気でした。友だちと追いかけっこをしたり、わざと倒れたりして汗だくになって遊んでいました。


カラー積み木のコーナーでお家を作ってハイチーズ♬





7月11日(水)1歳児ぺんぎん組 お水って気持ちいいね、面白いね「ねらい:水に親しみを持ち、水遊びを楽しむ」

ぺんぎん組はテラスで水遊び、プール遊びをしています。大きなプールに子どもたちは興味津々で、大喜びで遊んでいます。水が顔にかかっても、自分でしっかり拭うことができるようになり、ホースの水をシャワーのようにしてプールへ注ぐと「キャー」と笑って手を伸ばしたりして楽しんでいました。


ジョウロを使って水を流していたRちゃん。勢いあまって自分の頭や顔にまで水がかかり、一瞬驚いた表情をしましたが、体にかかるのが逆に楽しかったようでその後も繰り返し自分で水をかけて遊んでいました。楽しみながら水に慣れていく様子が分かるエピソードでした。


Kちゃんは両手に空き容器を持ち、右から左、左から右へと水を移し替えていました。その表情はとっても真剣で、水がこぼれてなくなるとプールからすくって再び容器の中へ……。集中している姿はまるで何か実験をしているようにも見えました。


7月11日(水)0歳児りす・ひよこ組 初めての湯水遊び「ねらい:湯水の感触に慣れ心地よさを感じる」

布団の圧縮袋に水を入れてウォーターマットを作りました。マットの上に載って冷たさを肌で感じたり、手で押して水の動きを見て楽しんだりして水に親しみながら遊びました。


毎日暑い日が続き、テラスで湯水遊びを楽しんでいます。    

そーっと手を伸ばして湯水に浮かんでいる玩具を触ったり水面を手でたたいて水しぶきが顔にかかると気持ちよさそうな表情をみせる子の姿も見られます。これからも食紅を使った色水遊びや片栗粉遊びなど夏ならではの遊びをどんどん楽しんでいきたいと思います。


7月11日(水)1歳児うさぎ組 水遊びたのしい⁉「ねらい:水の感触を味わい水遊びを楽しむ。」

可愛いパンツ姿になって初めての水遊び。うさぎ組の子どもたちはテラスへ飛び出してしていきましたが…いきなりコップに水をすくってまき散らし、顔にかかっても平気な子もいれば、その水の飛沫を怖がり保育教諭にしがみつく子もいました。


それでも、少しづつ水の感触を楽しめる子が増え、水を移し替えてじっくりと遊ぶ姿も見れらます。


手洗いではみんな水に触れることを喜んでいるので、少しづつ水遊びに慣れ、みんなでぺんぎん組さんのプールに入れるといいなと思っています。夏ならではの遊びを十分に楽しんでいきたいと思います。


7月10日(火)5歳児年長組 すぎのこ広場へ遊びに行ってきました!「ねらい:大杉の豊かな自然の中で思い切り体を動かして遊ぶ。夏時期の虫に興味や関心を持ち、虫に触れ合ったり観察したりすることを楽しむ。」

大杉町にある「すぎのこ広場」へ、遊びに行ってきました。山道を歩く経験もしてほしいと思い、駐車場から少し離れた目的の場所(「すぎのこ広場」)までは、大きな木の沢山生えている山道を通り、みんなで歩きました。薄暗い山道は子どもたちにとっては珍しい経験だったのか、「こわいよ~。」「なんか歩きにくい。」など、口々にし、大騒ぎでした。

すぎのこ広場では、初めに長い芝生の坂をみんなで登りました。「よーいどん!」と、大喜びで登って行きました。急な斜面に「登れんわ。」「こわいー。」と、悪戦苦闘でした。職員も一緒になって登り、みんなで「頑張れ!」と、応援しあっていました。なんとか無事に全員登りきることが出来ました!!やったね★

その後、虫採りをしたり、体を動かしたりして自由に楽しみました。すぎのこ広場にはたくさんの虫が住んでいて、子どもたちも大喜びでした。あみを持ってチョウチョやトンボを追いかけたり、カマキリやバッタを手でつかんだり、必死に虫を追いかけては捕まえ、気づけば虫かごは、沢山の虫でいっぱいでした。

「もう一回行きたい!」と満足する子が多かったので、次は虫たちが成長した9月頃にもう一度、すぎのこ広場に行こうと思っています。

7月5日(木)4歳児ひばり組 かぶとむしの卵が産まれたよ「ねらい:生き物とのふれあいを楽しみ、生き物の生態やかかわり方に興味を持つ。」

ひばり組で育てていたかぶとむしが卵を産みました。「白色のたまごや!」「ちいさい!」など見た目の感想がどんどん子どもたちから飛んできます。1つ見つけて触っているとつぶれてしまいました。「あー、かぶとむしのあかちゃんうまれるはずやったのに」と悲しむ子もいました。写真に写っている男の子は「次、つぶさんようにする」と言ってそーっと卵を探しています。この日は3つありました。 


小さな卵を顕微鏡で観察してみました。「土ついとる」「うごいた?」「少し透明?」うんうん、よく観察している姿に保育教諭も感心しました。「早く生まれんかな」という子がいました。それを聞いた他の子が「カマキリの卵まだ生まれんの?」と聞いてきます。


本来ならば5月ごろに生まれるはずが「どうする?」と保育教諭から問いかけると「もうちょっとでうまれるんじゃない?」「中見てみたい!」など様々な意見が出てきました。また子どもたちと考えてみたいと思います。


7月3日(火)3歳児さくら組 待ってた、待ってた水遊び「ねらい:夏ならでは遊びを楽しむ。友だちや保育教諭と関わりながら水の感触を楽しむ。」

噴水口から水が出ると「わぁー」と歓声を上げて駆け寄ってくる子ども達。噴水口にじょうろを当てて水を溜めて楽しんでいました。 


メロンアイスのカップに水を出し入れして楽しみます。水が流れていく様子が楽しいようで何度もカップと蓋の水を入れ替えて遊んでいました


友だちと水鉄砲でかけあいっこ。大笑いしながら楽しむ子ども達。カメラを向けると「かっこいいやろ」と水鉄砲を見せてポーズを取ってくれました。


6月29日(金)3歳児すみれ組 きゅうりの収穫をしたよ「ねらい:育てた野菜の収穫を喜ぶ。」

園庭で育てているきゅうりを見てみると、大きなきゅうりがたくさん出来ていました。「ここにもあるよ」と言いながら子ども達と一緒に収穫をしました

こんなに大きなきゅうりが収穫出来ました。今回は全部で10本収穫しました。子ども達は大喜びです。 


給食の先生にお願いしてきゅうりの塩もみを作っていただきました。給食の時にみんなで美味しくいただきました。自分たちで作った野菜は美味しいね。  

6月28日(木)4歳児はと組 七夕の飾り付け「ねらい:七夕の行事に関心を持ち、楽しく参加する。」

小松駅の七夕の会に参加しました。子どもたちは、自分で作った飾りと短冊を笹に飾りました。子どもたちは、自分で作った飾りを嬉しそうに付けていました。うまく笹竹に付けれない子は、駅員さんが手助けしてくださり、大喜びでした。



飾りつけが終わった笹竹の前でハイ、チーズ!!駅員さんと記念撮影をしました。駅員さんやお客さんに、駅内で踊りや歌を披露しましたよ。 


ホームに行き、電車を間近で見せていただきました。普段、高架の下からみているサンダーバードやしらさぎを目の前で見ることが出来、子どもたちは大興奮。貴重な体験が出来ました。電車に乗っているお客さんに手を振りました。優しく丁寧に子ども達に接してくださった駅員さん、ありがとうございました。  

6月27日(水)5歳児そら組 お花の植え方を教えてもらいました!「ねらい:お花の植え方についてお話を聞き、実際に自分たちで植えてみる。お花の植え方を知る。

4月、5月に続き、今月もこまつの杜の方にお花の植え方を教えていただきました。

はじめは、お花を植える場所(土の上)にお花を置きました。

その後、手で土を掘り、穴を開け、苗を植えました。



土に穴を掘ることが意外と難しく、「なかなか掘れんー。」と、苦戦する子も・・・ 同じグループの友だちと協力しながら苗を植え替えていました。



最後は、植え替えた苗にお水をあげました。係りの和田先生から、お花を育てる時には“太陽、お水、愛情”この3つのことを大切にしてして下さい。と教えていただき、子どもたちは「はい!」と、元気いっぱいに答えていました。これから子どもたちと一緒に水やりを行い、お花の成長する姿を楽しんで観察していきたいと思います。

6月20日(水)2歳児ぱんだ組 砂遊びって楽しいね「ねらい:砂の感触を十分に味わって遊ぶ」

保育教諭がおにぎりを作っていると「ちょうだい」と言い、手渡すと、また自分で「ぎゅっ ぎゅっ」と言いながらおにぎりを壊れないようにそっと握っていました。その後、「パクッ」とおいしそうに食べる姿がありました。


「せんせーごちそうできたよ!」とお皿に山盛りのごちそうを作って持ってきてくれました。「食べてもいいよ」とお母さんになりきって、ままごとあそびを楽しんでいましたよ!


乾いた砂を上から落とすと、さらさら~と落ちるのが楽しくて何度も何度もさらさらな砂の感触を味わい、楽しんでいました。

6月20日(水)1歳児こあら組 アンパンマンでーきた!「ねらい:思い思いにクレヨンで殴り描きを楽しむ」

この日は、運動会の親子競技で使うアンパンマンのお面作りをしました。クレヨンでのお絵描きが大好きなこあら組の子どもたち。クレヨンでアンパンマンの顔にたっぷり色を付けます。


保育教諭が「たくさんクレヨンでグリグリしてバイキンマンやっつけようね♪」と言うと、「アンパンチー!」と言いながら、クレヨンを力強く握りしめて描く姿もありました。


たっぷりお絵描きをして、世界に一つだけのアンパンマンが出来上がりました。運動会当日は、お面をかぶってバイキンマンをやっつけようね。

6月20日(水)0.1歳児りす・ひよこ組 紫陽花が咲いているね「ねらい:梅雨ならではの自然に興味を持つ」

園庭の紫陽花の花がきれいに咲き始め、窓に顔をくっつけて見つめています。園庭に出て紫陽花を見ました。不思議そうに紫陽花に優しく触れて眺めていました。

パラパラと小雨が降ってきました。頭に雨が当たると空を見上げて手を伸ばす子ども達。木のはっぱにも雨の粒が沢山つくと葉っぱを触って興味津々でした


ベビーカーの屋根を下すと屋根にも雨粒が沢山ついて一生懸命雨粒をとろうとしていました

6月19日(火)2歳児きりん組 3歳児さくら組さんと一緒に遊んだよ!「ねらい:異年齢交流を楽しみながら好きな遊びを見つける

さくら組さんと一緒に保育室でコーナー遊びをしました。さくら組のお部屋ではお絵かきやパズルなどしてを楽しんでいましたよ。


こちらではひも通しをして遊んでいます。お兄ちゃんお姉ちゃんが上手にひもを通す様子を真似て一生懸命ひもを通していますね。

プラレールのコーナーでは男の子たちが協力して線路をつなげています。「それこっちやよ」「ここにつなげたら?」とお兄ちゃんたちに教えてもらい、きりん組の子どもたちも嬉しそうにしていましたよ。

6月14日(木)2歳児ぞう組 カブトムシが生まれたよ「ねらい:生き物に興味を持って関わろうとする」

お部屋で育てていたカブトムシが孵化し、成虫になりました。立派なカブトムシになり、子ども達もとても嬉しそうです。さっそくケースを入れ替え、お部屋に小さなカブトムシコーナーを作りました。毎朝、カブトムシコーナーは子どもたちでいっぱいです。

「動いた~!」「ゼリー食べとる!お腹すいとるんかな?」毎日カブトムシコーナーからは子どもたちの興味津々な様子の声が聞こえてきます。

じっくりとカブトムシの動きを見て観察している子もいます。

「触ってみたい…でもちょっとこわいな~」保育教諭がカブトムシをつかむのを見て自分も挑戦しようとしますが、やっぱり怖かったみたい。勇気を出して、指先でつんつん!「私、カブトムシ触れたよ!」触ることができてとっても嬉しそうでした。

6月12日(木)5歳児ほし組 宝箱、宝物作り「ねらい:友だちと一つの目的に向かって協力したり工夫したりしながら、宝箱を作り上げていく。」            

運動会の年長児競技で、宝探しをすることのなり、自分たちで宝箱や宝物を作ることになりました。「段ボールがいる」ということになり、早速、お家から段ボール箱を持ってきて、宝箱作りが始まりました。友だちが作っている様子を見て「ワタシも、ボクもしたい」と言い、クラスのみんなで宝箱作りが始まりました。

宝探しは2人ペアになってするので、作る宝箱は一つです。ペアの友だちと一緒に絵をかいたり、別の段ボールを貼ったり・・・「絵の具で色を塗りたい」「ここはカギを入れるところだから穴をあけんなん」などと言いながら、個性豊かでカラフルな宝箱が出来上がりました。


2人で一緒に作ったことで、いろいろなアイディアがでたり、工夫をしたり、友だちの意見に賛同したりして、作り上げることができたように思います。    友だちとの関悪いりが深くなった宝箱作りでした。



6月10日(金)4歳児ひばり組 かき氷を作ろう!「ねらい:様々な表現方法を経験する。制作活動を楽しむ。(折り染め)            

年中組は運動会のリズム表現で「お祭り」というテーマでダンスやパラバルーンを披露します。「お祭り」の言葉を聞いただけでわくわくするテーマで、子ども達も運動会に向けての様々な活動に楽しんで取り組んでいます。子どもたちに「お祭りといえばなに?」と問いかけるとほとんどの子が「かき氷!!!」と言いました。

早速、子どもたちと「折り染め」という方法でかき氷を作りました。折り曲げた半紙に絵の具を浸します。考えながら角一つ一つ違う色にする子や全部同じ色にする子などこどもたちの楽しみ方もさまざまでした。絵の具を付けた紙をそっと広げると「わー!きれい!」と言って大喜びです。

 乾いてからは保育教諭がかき氷の形に切り、それを子ども達が糊付けして完成です。「いっぱいシロップかかっとる♥」「かき氷食べたくなってきた」など可愛い声が沢山聞こえてきました。子ども達の意見を取り入れながら様々な素材を使っていろんな表現方法を楽しんでいきたいと思います。



6月8日(金)1歳児うさぎ組 小松の杜で遊んだよ「ねらい:広々とした自然の中で歩行や探索活動を楽しむ。            

うさぎ組の子だもたちは、全員歩けるようになり、歩ける喜びにあふれています。おぼつかない足取りで、靴を履くことにもまだ慣れていませんが、転んでも起き上がりこまつの杜の広々とした芝生の上を、奥へ奥へと歩いて行きました。

木陰で一休み。木漏れ日を浴びながら、シートの上にゴロン。「きもちいいね」木の葉の間から見える青い空がとってもきれいでした。

保育教諭から離れて一人で散策。「こっちにおいでー」と呼んでもニッコリ笑って逆方向を目指し、「帰るよー」と呼んでも、知らんぷり。どこまでも歩いて行きたい子どもたちでした。


6月7日(木)3歳児さくら組 花の苗植えをしたよ「ねらい:季節の自然物に触れたり、においをかいだりして五感で楽しむ。」            

井戸水が出る様子を見たよ。水が流れてきて興味津々な子ども達。「ギコギコすると水出てくるね。すごい。」と飽きることなく水の流れを見ていました。        

苗植えをした花にじょうろで水やり。「ちょっと重たいね」といいながらもじょうろを傾けて水やりを楽しんでいました。 

ギガンジウムの前でみんなで写真撮影。カメラのレンズよりも虫や花に目がいく子ども達でした。

6月1日(金)1歳児ぺんぎん組 パラバルーン楽しいな「ねらい:思い切り体を動かして遊ぶ事を楽しむ。            

お部屋でパラバルーンを使って遊びました。広がったバルーンを見て声を上げて喜ぶ子、中に入る子、遠巻きに様子を窺う子、と反応は様々でした。中にカラーボールを入れて弾ませるとどの子も大興奮。保育教諭と一緒に持ってバサバサと揺らして楽しみました。


皆で弾ませたボールが外に飛んでいき保育教諭が「ボール、集まれ~」と声を掛けると、両手で抱えたり一つ一つ運んだりしてせっせと集める子ども達でした。全部集まるとまた一緒にパラバルーンの縁を持ってバサバサ~。繰り返し何度もバルーンを弾ませました。


広げて、揺らして、集めに行って…と全身を使って遊ぶ中で、保育教諭が「ごろーん」「おやすみ~」と寝たふりをすると、真似をして横になり上から被ってお布団のつもりになっているかわいらしい場面もありました。


5月1日(火)2歳児ぞう組 こいのぼり制作をしたよ「ねらい:スタンプ遊びを楽しみながら季節の制作を行う。」

こいのぼり制作で洗濯バサミを使ってスタンプをしました。トイレットペーパーの先に洗濯バサミをくっつけました。絵の具遊びの時はスモッグを着用します。初めてスモッグを着ましたよ。ブカブカなスモッグ姿がどの子も可愛らしいです。

どの色にしようかな、とどの子も色を選んでいます。ギューっと色を付けて、画用紙にペタペタと上手に押していきます。洗濯バサミの形がおもしろいですね。こいのぼりの鱗になりました。

色が付くと面白くて、何回もスタンプを押しています。最後にシールで目玉を貼ってこいのぼりが完成しました。5月はお部屋の窓に飾って色とりどりのこいのぼりが泳いでいました。

5月11日(金)2歳児ぱんだ組 幸町公園で遊んだよ「ねらい:保育教諭や友だちと一緒に散策活動を楽しむ。」

保育教諭と一緒に落ち葉をどかすと、ダンゴムシを発見!「見て!」とダンゴムシをすぐに捕まえて見せてくれました。つぶさないようにそーっとね♪他にもアリも見つけたよ!              


すべり台を見つけるとすぐに登ろうとして一生懸命に階段を登っています。友だちが登っていると自分も登りたいと次から次へとすべり台の所に集まる子ども達。「じゅんばんね、まっててね」とちゃんと順番を待っています。      

少し高いので上まで上がって怖がり滑れない子もいましたが、1回すべると楽しくて何回もすべり台に挑戦していました。


5月15日(火)1歳児うさぎ組 でんぐり山で遊んだよ「ねらい:春の自然に触れながら、機嫌よく遊ぶ」

「でんぐり山」の麓でシャボン玉。優しい春風に乗ってシャボン玉が飛んでいきます。子ども達は声を上げたり、手を叩いたりして大喜び。飛んでいくシャボン玉を指差したり、捕まえようとしたりしていました。走ってシャボン玉を追いかける姿も、もうすぐ見られそうです。

どもたちは自分の力で「でんぐり山」の頂上に登ることが出ました。頂上から保育教諭を見下ろし得意満面な笑顔でしたが・・・

「行きはよいよい帰りはこわい」急な傾斜に下りることが怖くなった子どもたちです。 


「でんぐり山」の頂上でアリを見つけました。保育教諭が指差す先にいたアリを、いつまでもじっと目で追っていました。

5月15日(火)3歳児すみれ組 花あかり農園へ行ってきました♬「ねらい:色々な花や葉っぱなどの植物に興味を持ち、見たり触れたりすることを喜ぶ。」

「いっぱいお花あるね」と言って色々なお花を見ました。「においするかな?」と言ってにおいを嗅ぐ姿も見られました。「葉っぱのにおい…」だったそうです。                

「そっと触ってね」と伝えると、のぞき込むようにしてお花を見て、そっと触る子ども達。お花を見る表情がとても優しく見えました。        

 

「お豆あったー!!」とえんどう豆を見つけて大興奮!手を伸ばして、お豆を取ってみたい子ども達。どんな風に実がついているのか、みんなで観察しました。


5月15日(火)4歳児ひばり組 ひばり組の小さな虫コーナー「ねらい:生き物に興味を持つ

ひばり組には小さな虫コーナーがあります。虫が動いているわけではなく、今いるのは「カブトムシのさなぎ」「カマキリの卵」です。さなぎを見て「うわっ」という子              


「すごーい!早く触りたい」という子など様々です。         

「おひるねしとるんかな」「さわったらだめやよ」「中からかまきりでてくるん?」など、動かないさなぎと中のわからない卵に           

興味津々です。たまご、幼虫、さなぎ、成虫の変化という不思議な事象をまのあたりにして、子どもたちの興味や学びがどのように広がっていくのか楽しみです。

5月15日(火)2歳児きりん組 幸町公園に行ったよ!「ねらい:公園で体を動かしながら、春の自然を見つける

今日は幸町公園へ行きました!お天気も良く、ポカポカな日差しの中、よーい、ドン!と元気にかけっこをして体を動かして遊びました

公園の砂場では見つけた木の枝を使ってお絵描きをしています。上手に丸い模様を描いて「アンパンマンできたよ!」と嬉しそうに見せてくれました。

公園の隅のタンポポなど、春を感じる植物がたくさん咲いているのを見て、とっても嬉しそうですね。これからも天気の良い日はたくさん戸外で活動していこうと思います。


5月16日(水)1歳児ぺんぎん組 砂に触れて遊ぼう!「ねらい:素手や玩具で砂に触れ、触ったり掘ったりして砂遊びを楽しむ

めて園庭で砂場遊びをしました。いつも園庭ではでんぐり山や大型遊具で遊ぶ子ども達も、お皿やシャベル、型を見て興味津々な様子で触り始めました。

皿に土を乗せたり、土を掘ることを繰り返して楽しんだり、保育教諭も一緒に型抜きや葉っぱを飾って「ハッピーバースデー」と歌を歌ったり思い思いの様子で砂遊びを楽しんでいました。    

には落ちていた小枝が地面に刺さることに気がつき、何本も差し始める子もいました。表情はとっても真剣で、とても集中して遊んでいることが伝わってきました。

5月17日(木)1歳児こあら組 新聞紙で遊ぼう「ねらい:新聞紙を破ったり、丸めたりして新聞紙の感触を楽しむ

気があまりよくない日でも、お部屋で元気に体を動かして遊びます。今日はお部屋で新聞紙を使って遊びました。ビリビリと上手に破くことが出来ました。


し新聞紙を丸めて渡すと、そこからさらに丸めることも出来ます。とっても力を込めて丸めていましたよ。



最後は、新聞紙をみんなで集めて、上からフワ~っと降ってくる新聞紙を思いっきり被りました。上から降ってくる新聞紙に「きゃー」と言いながらとても嬉しそうでした。


5月17日(木)0歳児りす・ひよこ組 気持ちがいいね 「ねらい:戸外で外気浴を楽しみ、春の心地よさを感じる

天気のいい日にはお部屋の前のテラスに出たり、園庭や散歩に出かけて外気浴を楽しんでいます。       

温かい春の心地よさを感じながらみんなニコニコ可愛い笑顔を見せてくれます。声を出したりしてとても嬉しそうに過ごしています。これからも、体調や機嫌を見ながら戸外に出かけ、風を感じたり身近な自然に興味をもったり出来るように丁寧にかかわっていきたいと思います。     

5月18日(金)5歳児ほし組 マリーゴールドとキンレンカのお引越し「ねらい:自分たちで種をまき、大きく育った花苗に親しみや愛情を持ち、植え替えを行う。

4月の花育活動で種まきをした、マリーゴールドとキンレンカの芽がすくすく育ちました!          

土を掘り、黒いポットから苗をそっと取り出して、プランターへ植え替えました。優しく土をかけてあげギュッギュ。最後は「大きくなあれ~、大きくなあれ~」と愛情を注ぎました。     

花を育てる時に必要なことが「太陽」「水」「愛情」の3つです。最後はみんなで、水やりをしました。花が咲くのはいつかな?今後も生長を見守り、きれいな花が咲く日を楽しみに待ちたいと思います。

5月18日(金)4歳児はと組 いちごおいしかったよ「ねらい:いちごの生長を知り、甘いイチゴや酸っぱいイチゴがあることを食べてみて感じる。

バスに乗って粟津公園に行ってきました。子どもたちはこの日を楽しみにしており、朝から「早くいちご食べたいな」「大きいいちごあるかな」「酸っぱいかもしれん」など友達同士で話している姿も見られました。公園に着くと「甘い匂いする」とワクワクした様子でした。

    



管理局の松本さんに挨拶をしていちご狩りスタート!!子どもたちは大きないちごを見つけると「先生。こんなに大きいの見つけたよ」と言って頬張っていました。いちごを持っている子どもたちの顔は幸せいっぱい。休む間もなく子どもたちは食べ続けていました。管理局の方が、「小さいイチゴも甘くておいしいよ」と子どもたちに声をかけてくれ、みんなも必死にいちごを探していました。

たくさん生っていた赤いいちごもほとんどなくなり、子どもたちの手も真っ赤。「そろそろこども園戻ろうか」と声掛けしても「やだー。もっと食べたい」と言っていました。帰りのバスでは、「大きいイチゴもおいしかったけど、小さいイチゴもおいしかったよね」と子どもたち同士で話している姿も見られました。


5月18日(金)3歳児さくら組 かくれんぼ楽しいよ♪「ねらい:友だちと一緒に簡単なルールのある遊びを楽しむ。

最近、さくら組ではかくれんぼがブームです。お散歩にいくと「もういいかーい?」とかくれんぼがスタート。「かくれろー!」と子ども達は走り出します。


太神社では隠れるところがいっぱい。境内の建物の裏に隠れて、「静かに!」と見つからないように隠れます。

鬼役の子が友だちを「みーつけた!」見つかった子は少しがっかり。鬼役、隠れる役と交代しながら友だちと関わって遊ぶ集団遊びを笑顔で楽しんでいます。

5月18日(金)5歳児そら組 いちご狩りに行ってきたよ!「ねらい:いちご狩りを楽しみ、みんなで美味しくいちごをいただく

松本さんの育てているいちご畑でいちご狩りをさせて頂きました。到着するなり、たくさんのいちごに「やったー!」と大喜びで目を輝かせていました。初めはみんなで一緒に一粒、いちごを採りました。採りたてのいちごを見せ合った後は、美味しくいただきました。

あまーい♡」と今にもとろけそうな表情を浮かべていましたよ。その後は自由にいちご狩りを楽しみました。大きないちごを採ることや真っ赤ないちごを採ることを楽しむ姿が見られました。

いちごをたくさん食べ、みんな大満足でした。「いちご何個食べた?」と聞くと、「4パック分食べたわ!」という返答もあり、みんなで大笑いしましたが、本当に食べ続ける子は50個くらい食べていたかも・・・!?(笑)お腹が心配でしたが、みんな大満足だったので良かったです!本当に美味しかったね