クラスのページ

      大和こども園の運動遊びの様子:体を動かすことって楽しいね!(1~3月)

ひよこ(O歳児)

りす


『ねらい:ハイハイ運動や歩行をのびのびと楽しむ。』   

・子どもたちは、得意そうな笑顔でハイハイスロープを登り、トンネルをくぐります。歩ける子もまだ歩かない子も、ハイハイ運動を楽しんでいます。

また、ボールを追いかけたり、次々と遊具間を移動し、這う、歩く、登る、降りるといった運動をくり返し楽しんでいます。

りす

りす(O歳児)

りす


『ねらい:登る・くぐる・またぐ・など、全身を使って             遊ぶことを楽しむ。』

・ワンタッチジムの四角の小さな枠の空間が大好きです。足を上げて登ったり中をくぐって四つ這いで動いたりして楽しんでいます。。ジムの枠や丸窓から「ばあ」と顔をだして、いないいないばあのように保育教諭とコミュニケーションをとることも楽しんでいます。

りす

うさぎ(0、1歳児)

うさぎ


『ねらい:巧技台を登ったり下りたりする運動遊びを楽しむ。』

・最近は高いところにもどんどん挑戦しようとする子どもたち。保育教諭の手をかりず、自分の力で登ろうとする意欲もみられてきました。片足を一生懸命上げて「よいしょ」と言いながらバランスを崩さないよう慎重に登る子や、両手をついてハイハイするようにして登る子など、それぞれの姿が見られます。登りきれた時には「どうだ!」と、言うように満足気な表情をしてまた何度も挑戦し、どの子も喜んで体を動かしていますよ。

うさぎ

ぺんぎん(1歳児)

ぺんぎん

『ねらい:的あてを通して投げる動きを楽しむ。

・玉入れの紅白ボールを使って的当てをしました。アンパンマンやバイキンマンの的めがけてボールを投げてみました。はじめは、ボールが思うように飛ばず、エイッと投げてみても目の前にトンッと落ちるだけ。保育教諭がしている様子をじっと見て、腕をぶんぶん振り回したり、思い切り腕を前へ振ってみたりします。ボールが少し離れたところに落ちるとコツを掴んだようで何度も何度もボールを的めがけて投げています


ぺんぎん

こあら(1歳児)

こあら


『ねらい:様々な体の動きを楽しみながら、運動遊びを楽しむ。』

・跳ぶ、登る、くぐる、渡るなど全身を使った運動遊びが大好きです。安全に十分配慮しながら楽しんでいます。部屋ではよくリバーストーンを使って遊んでいます。高さの低い台ですが、思うように次の台まで行けずバランスを崩して落ちてしまうこともあります。出来ない時は、保育教諭にさりげなく手助けしてもらうことで出来るようになり、とても嬉しそうな表情をしています。"出来た"時には、十分に褒めて自信や意欲が育つように運動遊びを楽しみたいと思います。

こあら

ぱんだ(2歳児)

こあら


『ねらい:順番を守って遊ぶ。すべる面白さを味わう。』

・「一緒にすべろう」と、友だちを誘っては順番に並び、滑る時は「キャー!」と声を上げて楽しむ子もいます。「もう1回」と何度も楽しんでいます。滑り台は大人気遊具です。上手に列になって並んで待ちます。

こあら

ぞう(2歳児)

こあら


『ねらい:全身を使って雪の感触を味わい雪遊びを楽しむ。』

・雪が降って雪遊びができると大喜びの子どもたち!雪の上を歩くのは、なかなか難しく転びそうになりながらも一生懸命足を踏み込んで歩いていました。自分の足跡がつくと嬉しそうでした。園庭のでんぐり山では、滑りそうになりながらも、体のバランスを取って少しずつ上へ上へ登り、お尻を使って体を後ろにそらせ、すべり台をして楽しみました。保育教諭と一緒にすべると速さも倍増です。何回も何回も繰り返し楽しんでいました。

ぞう

きりん(2歳児)

ぞう


『ねらい:音楽に合わせて様々な体の動きを楽しむ。』

・「もしかめ」「とんぼ」「かえるのうた」など、様々なピアノの音に合わせて、表現しながら思いっきり体を動かして楽しみます。

こあら

さくら(3歳児)

ぞう


『ねらい:簡単なルールを守りながら運動遊びを楽しむ。』

・線の上を歩いたり、コーンを倒さずとびこえたり、カラー積み木の山を登って降りて、慎重に進んで行っています。小さなサイズの積木はゆっくりと・・

ぞう

すみれ(3歳児)

ぞう


『ねらい:いろんな遊具を使ってからだを動かして遊ぼう。』

・保育室でラダーやマットなどを使って遊んでいます。ラダーでケンパをすることが上手になり、汗をかきながら何度も楽しんでいました。

ぞう

はと(4歳児)

ぞう


『ねらい:投げる!走る!楽しむ!』

・「倍返し」のルールは簡単!相手陣地にボールを多く投げた方が勝ちの運動遊びです。笛が鳴るまで全力で投げています。勝敗に一喜一憂する姿がとてもかわいいです。負けても「もう1回」と言って、子どもたちも熱中しています。ボールを集めるために「走る」、ボールを相手陣地に「投げる」など、遊びの中にも体や脳を動かす要素がつまっています。体を動かすことが大好きな子どもたちなので、遊びの中で楽しみながら運動できるようにしています。

ひばり(4歳児)

ぞう


『ねらい:保育教諭や友達と一緒に縄跳びを跳ぶことを楽しむ。』

・最近は、縄跳びや大縄とびがブームでお部屋や廊下で広いスペースを作り、友だちと楽しく跳んでいます。跳べる数を増えると「16回とベた」と嬉しそうに報告してくれます。引っかかっても「もう一回」と根気よく跳ぶ姿が見られます。寒い日が続くので室内でもたくさん体を動かせるような環境を作っていきたいと思います。

ほし(5歳児)

ぞう


『ねらい:脚力・跳躍力・腕力などの運動機能を発達させるとともに、友だちと一緒にリズム良く縄跳びを跳ぶことを楽しむ。』

・子どもたちは体を動かすことが大好きで、朝夕の自由時間に縄跳びを楽しむ姿がよく見られます。初めは跳ぶタイミングをつかむことが難しく、引っかかってしまうことが多かったのですが、今では連続して跳ぶことが出来たり、後ろ跳びや交差跳びなどの技を披露する姿も見られます。なかには、縄跳びが苦手な子もいますが、友だちの跳んでいる姿を見て、少しずつ挑戦しようとする姿がみられたり、また、友だち同士で教え合ったりする姿も見られます。最近では大縄跳びも流行っていて、みんなで”ゆうびんやさんなにがすき”を楽しんでいます。「ゆうびんやさんなにがすき~……8まい、9まい、10まい」という歌に合わせて跳びます。歌を全て歌いきるまで一度も引っかからず跳ぶことができたら大成功です!!

そら(5歳児)

ぞう


『ねらい:投げる、よける、つかむなどの動作を意識し、友だちと協力しながらドッチボールをすることを楽しむ。』

・そら組の子どもたちはドッチボールが大好き。初めは、ボールを上手く投げられず、コントロールもバラバラでしたが、次第に片手投げが上手になってきて、相手に当てられるようになってきました。どうしたら勝てるか、チームで話し合ったり相談したりもしています。

遊戯室

遊戯室

園庭

遊戯室

プール (大・小)

プール (大・小)
プール (大・小)

給食室


子育て支援室:つくしっ子広場


大和こども園バス


看護師

事務室