園長室

平成30年10月:池田 巧園長より挨拶

           


    


 

     

             さわやかな風の中に、アキアカネの飛び交う姿が見られるようになってきました。

     季節の移ろいが感じられる頃となり、過ごしやすい季節になりました。


     子ども達は、この時期にしか出会えないバッタやカマキリ、木の実、紅葉等に興味津々です。

     この子どもならではの気づきを生かし、これからも豊かな体験が展開できるように取り組んで

     いきたいと思います。


     一年の後半がスタートしました。子ども達への理解を深めながら、「しっかりした子」の目標

     に向かって職員一同努めていきます。今後ともよろしくお願いします。(園長) 

                                  

  

                                                                                                                                              

 

                                                                                                               


                    






                                                      


秋も深まり、紅葉が美しいころとなりました。園庭のドングリの木(うばめがし)も実をつけています。お散歩に行ったり、バス園外に出かけたり、自然の中での活動は、楽しくて子どもたちの感性を豊かにしてくれます。思いっきり遊ぶことで心と体が元気になります。一方、活動や生活の中のいろいろな気づきや発見、不思議な事柄などをもっと調べてみたくなり、本を手にする姿も見られます。うれしいことです。月津こども園での芋ほり、花あかり農園での秋の収穫などわくわくする体験もありましたが、体験したことを表現活動につなげるのも興味深いです。年中・年長組は生活発表会の準備も始まりました。

各年齢の参観には多くの方が出席され、懇談会の方も実りがあったようです。ご協力いただきありがとうございました。今月も予定されていますのでよろしくお願いいたします。

これから寒くなっていきますが、「早寝・早起き・朝ごはん」で生活のリズムを作り元気に過ごしましょう。(園長)